• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
ネット監視と適切な指導の両輪で対策を
ケータイなどは児童生徒も必需品。児童生徒の
道徳心や情報モラルを培いつつ、ネット監視すべき。
携帯電話やパソコン、インターネットは、非常に利便性が高く、
日常生活から切り離せない存在になりました。それは児童生徒も同様です。

だからこそ、いじめの未然防止・早期発見に向けて、「児童生徒の道徳心や
情報モラルの向上」と「インターネット上の監視」を合わせて行うのがよいでしょう。

情報モラル教育では、以下のことを伝えるのが大切です(文部科学省資料を参照)。

「心を磨く」自分を律し、適切に行動できる正しい判断力と、相手を思いやる心、
ネットワークをよりよくしようとする公共心を育てること。
「知恵を磨く」危険を回避し、安全に生活するための知識を身に付けること。

皆さまの中で「対策に時間を取れるか不安」「不適切な書き込みを漏れなく発見できるか心配」
「最新の事例を踏まえて情報モラル教育ができるかわからない」などございましたら、
ぜひお声がけください。急務とされている「ネットいじめ」への対応をサポートさせていただきます。

■関連資料など