• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
自治体別の学校ICT整備率は要チェック
文部科学省の調査結果を確認し、自治体の整備率と
政府方針・近隣自治体とのギャップを正確に知る。
文部科学省が例年行っている「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」。
この調査では、情報化の進展度合いに、自治体間での格差が生じていることが読み取れます。

例えば「教育用コンピュータ1台当たりの児童生徒数」を都道府県で比較すると、小学校では
首位の鹿児島県「4.4人に1台」に対して、最下位は愛知県「8.3人に1台」です。

この調査結果の「『コンピュータの設置状況』及び『インターネット接続状況』の実態」
に関しては、全国の市町村別に整備率が公表されています。あなたの自治体の進展度合いが
把握できることはもちろん、整備計画を進める上で参考にしている自治体の状況までわかります。

この調査結果を通して、重点的に情報化を進めるべきポイント、客観的に知ることができます。
ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。
より精度の高い整備計画を策定するために