• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
自治体と各学校で協力し合うことによって、
取り組みの効果が向上する。
「生徒指導リーフ増刊号 Leaves.1 いじめのない学校づくり-
『学校いじめ防止基本方針』策定Q&A」を参考にした解決策をご紹介します。

(1)方針の策定 
学校の実態把握する。今後の取り組みの評価にも役立つ。
・現在の取り組みを「未然防止」と「早期発見」という観点で洗い出す。

(2)役割の明確化 
既存委員会や部会の役割を整理する。
・情報集約と最終決定は、いじめ防止のための組織が行う。

(3)予算化 
・自治体や各学校のいじめ防止対策組織連携を図る。
・いじめ防止対策組織に、年間計画などの資料を提出していただく。

(4)指導と啓発 
・先生方は子供たちに、年間を通してさまざまな授業で道徳教育をする。
・いじめ防止対策組織は先生方に、いじめ防止対策基本方針を周知徹底する。
具体的な取り組みを並行する