• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
包括的な整備のための土台作りを
モデル校での導入・運用から始めて、
活用例や付随する環境整備に着手するのがよい。
タブレット端末も、ノートや鉛筆、黒板と同じツールの一つです。
児童・生徒の授業理解度は、ツールが有効に使われてこそ向上します。
タブレット端末が教員や児童・生徒にとって身近な存在となるには、
授業で扱いやすい環境を包括的に整えることが重要です。

だからこそ、中長期計画の見直しとともに、モデル校への導入、他校への拡大展開
おすすめします。予算を抑えて、慎重かつ丁寧に、一人1台環境に向けた整備が行えるからです。

政府に対して「情報端末/無線ネット/デジタル教科書を配備する予算の確保」を
提言している団体もあります。政府予算に組み込まれることを期待しつつ、
活用方法の研究を行い、必要なデジタル教材やコンテンツ、システム/アプリケーション、
無線LAN環境などの付随するICT環境固めていくのがよいのではないでしょうか。
「タブレット端末を使った新しい授業」を、教員自ら発想し、
児童・生徒が取り組める体制が整います。

 <関連資料など>