• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
ICTに関わる中長期計画の見直しが大切
普通教室でのタブレット端末の活用は、
さまざまな事業を並行して実施する必要がある。
教育効果の向上をねらいとした、タブレット端末の整備には、
ICTに関わる中長期計画の見直しが大切です。

将来を見据えた中長期計画には、活用方法の研究、導入効果の検証、
モデル校から全校への展開方法、運用・付随する環境の整備計画まで
含められていることが理想です。
なぜならば、ネットワークインフラ整備、学校ICT環境整備、
機器・アプリケーション・システムの保守サポート、ICT支援員の派遣など、
さまざまな事業を並行して推進する必要があるためです。

 <中長期計画の見直しに含めるポイント> 
 ・各学校へのタブレット端末の展開計画
  (PC教室のリプレース時に導入、モデル校の設置→全校展開、一括導入など)
  (モデル校から始める場合は、学校にプレゼンを依頼して選定する自治体もある)
 ・授業での活用方法の検討
  (どのような授業をタブレット端末を使って実現したいのか)
 ・導入効果の検証(単元のねらいは伝わりやすくなったかなど)
 ・教員へのフォロー体制の設計(ICT支援員の派遣、活用研修など)
 ・運用ルールの設定(タブレット端末の管理、利用に関する決まりごとなど)
 ・タブレット端末の選定(重さやサイズ、起動時間、形状、文字入力などを考慮)
 ・想定する活用方法に合わせたシステムとアプリケーションの選定
 ・無線LAN環境の設計
  (来年度も文部科学省の「学校施設環境改善交付金」が利用できる可能性あり。
  現行の補助率は1/3。タブレット端末の整備と並行して、すでに校内LANの
  整備を行う予定のある自治体は申請を検討されるのがよい)
どのような方法で、取り組み始められるか?