• ページ1ページ1
  • ページ2ページ2
  • ページ3ページ3
  • ページ4ページ4
  • ページ5ページ5
学校のICT化をサポートするサイト
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
※※※こちらのページでは使用できない項目です。入力しないで下さい。※※※
選定時は何を実現したいか方針を持って
今後の児童・生徒1人1台端末の整備を
見据えた授業支援システムもある。
授業支援システムの一例です。普通教室での利用を前提にご紹介しています。
導入検討の際は「どのような教育・授業を実現していきたいのか」という方針を
持った上で、選定されるのがよいでしょう。

みらいスクールステーション (富士ソフト)
  授業の組み立て(指導案の作成)が行え、授業ノウハウの蓄積と教員間での共有が
  できる。教員機に表示される授業計画に沿って、さまざまな教材コンテンツに
  アクセス可能。教員機と児童・生徒機が連動させられ、デジタル教科書のページ
  めくりや描画、画像の転送などをコントロールできる。

Netウィッチ4 (コンピュータエデュケーションシステム)
  各学校・教員に合わせてメニューをカスタマイズすることも可能
  同社が提供する「Hi! Touch」との併用で、タブレット端末の児童・生徒機の
  画面を、教員機に表示させることもできる。

ThinkBoard クラスルーム (ゼッタリンクス)
  複数人の画面表示をさせることで、児童・生徒それぞれの考え方を見比べながら
  意見交換ができる。どのようなデジタル教材にも、書き込みが行え、さらに、
  児童・生徒の書き込みと声を録画することができ「思考のプロセス」が読み取れる

SKYMENU Class (Sky)
  デジタル教材を投影して拡大表示させられたり、教材への書き込み・書き直し
  が容易であったり、教員の細やかな要望・意見が取り入れられたシステム
  デジタルもぞう紙や自習アプリなど、各種アプリケーション(機能)も含まれている。

らくらく先生スイート (チエル)
  授業支援システムやデジタル教材、児童・生徒の評価や出欠管理など、
  授業や校務を総合的にサポートするシステム。授業準備の短縮に加えて、
  効率的な評価の記録などが行える。
今後の動向に備えて